広島郷心会
重藤 会長

広島郷心会は、広島県が中心となって構成する「21ひろしま県内製品愛用運動推進協議会」の支援を得て自動車産業等の県産品の拡販支援を行うことにより、地域経済の活性化、地域興しを図っていくことを推進する会です。現在、当郷心会の組織は、重藤会長(中国電力(株) 代表取締役副社長執行役員)をはじめとした49名の役員と広島市周辺エリアに拠点を置く約925(役員企業を含む)の会員で構成されております。
具体的な活動としては、会員製品の販売促進のための「会員製品愛用運動の推進」、ならびに会員間の交流促進のための「会員交流・研修」を計画・実施し、「会員の皆様に喜ばれる郷心会」を目指して取り組んでいます。

経 緯

昭和50年2月、代表世話人 村田可朗広島商工会議所元会頭の下、「バイマツダ」運動として発足、その後、呉・三次・東広島と各地に展開されていった。バブル崩壊前に一時休眠状況にあったが、平成4年12月、橋口商工会議所会頭(当時)の音頭により、郷心会連合会が結成され、新生「広島郷心会」として再始動し現在に至る。

活動概要

  1. 県内製品愛用運動の推進
    会員製品販売促進支援・マツダ車販売支援・巡回サービス
  2. 地域イベント協賛
    地域のイベント参加による会員製品販売支援
  3. 会員交流・研修
    講演会・企業見学会・会員交流会・マナー研修等の開催
  4. 会員へのサービス
    会員への業務支援、お役立ち活動
  5. その他 広報・会議
    役員会・総会の開催、会報「ひろば」の発行
  1. 県内製品愛用運動の推進
    会員製品販売促進支援・マツダ車販売支援・巡回サービス
  2. 地域イベント協賛
    地域のイベント参加による会員製品販売支援
  3. 会員交流・研修
    講演会・企業見学会・会員交流会・マナー研修等の開催
  4. 会員へのサービス
    会員への業務支援、お役立ち活動
  5. その他 広報・会議
    役員会・総会の開催、会報「ひろば」の発行

関連行政とのリンク

広島郷心会の現況

設 立

昭和50(1975)年2月1日

会員数

906会員 (2021年4月1日現在)

会 長

重藤 隆文 [中国電力(株) 代表取締役副社長執行役員]

副会長

椋田 昌夫 [広島電鉄(株) 代表取締役社長]
宗兼 邦生 [(株)フレスタ 代表取締役会長]
佐々木 猛 [広島魚市場(株) 代表取締役社長]
清宗 一男[(株)広島銀行 取締役 常務執行役員]

専務理事

植野 実智成 (広島商工会議所 専務理事)

事務局長

戸田 篤美

事務局

〒730-0011 広島市中区基町5-44
広島商工会議所ビル9F
TEL:(082) 511-0150
FAX:(082) 211-0105
hiroshimakyo@mazda.co.jp

広島郷心会 広報誌「ひろば」のご紹介