【尾道郷心会】ご報告:7/3(日)広島東洋カープ観戦会

7月3日(日)、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島にて、尾道郷心会の今年2度目の観戦会を実施しました。

入場者数30,496人の観衆の中、現在3位の広島東洋カープが、連勝で0.5ゲーム差と迫った2位の読売ジャイアンツと対戦。

試合の方はカープが安打を繋いで先制するも巨人がホームランで追いつく展開。逆転されたカープは7回のラッキーセブンで安打を繋ぎ5-5と追いつくものの、最終的には巨人の長打力に競り負けて5-7で惜敗。結果は残念でしたが上位2チームの戦いにふさわしい盛り上がる展開に会員の皆様を満足されたご様子でした。3時間30分の熱戦、暑い日が続く中で観戦には最適な曇り空、とても良い観戦会となりました。

尚、新型コロナウイルス感染拡大防止として、例年のバスツアーでなく現地集合の分散入場にて観戦会を行いました。21会員42名のご参加の皆様に観戦をしていただきました。今後、今年はさらに9月に2試合、感染状況も春に比べ落ち着きを見せていますのでバスツアーによる観戦会を実施予定です。多くの会員の皆様から参加応募をお待ちしております。