【ご案内】マツダ、次世代バイオディーゼル燃料でモータースポーツに参戦

ー電動化への取り組みに加え、内燃機関活用のさらなる広がりへー

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、カーボンニュートラルの実現に向け、次世代バイオディーゼル燃料の普及を目的とし、従来のディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.5)を搭載した競技車両に、使用済み食用油や微細藻類油脂を原料とした100%バイオ由来の次世代バイオディーゼル燃料を使用し、11月13日(土)と14日(日)に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースin岡山に参戦します。また、来年からのフルシーズンでの参戦準備を進めてまいります。

 

詳細はこちらをご覧ください。MAZDA NEWSROOMマツダ、次世代バイオディーゼル燃料でモータースポーツに参戦|ニュースリリース

「MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIO」