【ご案内】川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機、 カーボンニュートラル実現に向け、 燃料を「つくる」「はこぶ」「つかう」 選択肢を広げる取り組みに挑戦

ー電動化への取り組みに加え、内燃機関活用のさらなる広がりへー

川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)、株式会社SUBARU(以下、SUBARU)、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)、マツダ株式会社(以下、マツダ)、ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)の5社は、11月13日・14日に行われる「スーパー耐久レースin岡山」(3時間レース)において、カーボンニュートラル実現に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる挑戦について共同で発表しました。

 

詳細はこちらをご覧ください。MAZDA NEWSROOM川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機、カーボンニュートラル実現に向け、 燃料を「つくる」「はこぶ」「つかう」選択肢を広げる取り組みに挑戦|ニュースリリース